SpeeZ

Speeeで子育てしながら働くということ。パパママ社員を支える、子育て支援制度や文化について

現在16期目となるSpeeeは、平均年齢29歳のミドルベンチャーです。既婚率は40%ほどで、年間約20名ものお子さんが生まれています。女性従業員の妊娠から育休取得、復職までのフローはもちろん、パートナーが妊娠した社員に対しても様々なフォロー制度がありま…

既存事業を活かすだけではNG?既存事業を「超える」Speeeの事業展開とは

顧客への提供価値を最大化するために、既存事業の強みを活かした新規事業のアイディアを思索している人は多いのではないでしょうか。 この記事では、Speeeが2020年12月に参入したウェルネス領域の事業展開を担った上野のエピソードを用いてSpeeeの事業展開で…

Web開発の歴史から未来に向けてひも解く、これからの時代に求められる事業探究エンジニアとは

創業以来、Speeeは企業文化として新卒採用や若手育成を大事にしてきました。今回は、そんなSpeeeの考えるこれからのエンジニアの在り方について、Speee開発組織の想いを紐解いていきます。

育児にも仕事にも全力で向き合った3ヵ月 ―新規事業の立ち上げと育児を両立する柔軟な働き方とは

Speeeでは多様な活躍のあり方を考え、事業部や職種特性によって求められる働き方や個人のライフプランとの両立を実現するため、会社として社員が長期的に柔軟に働いていけるような仕組みや制度、思想があります。今回はそんなSpeeeで、子どもの出産に伴って3…

黒字事業を赤字にする意思決定で売上2倍。 成功事例を取り入れ、卓越した成果を出す解釈力と実行力とは

事業を作る人なら誰しも、ナレッジや成功事例を参考に自らの事業に取り組まれると思います。 その中から何を真似して選んでいくのか、その人のセンスや目利きが非常に問われますが、一方、良い事例も「正しい解釈」と「正しい実行」がなければ成功に導くこと…

誰にでも事業経営をする責務がある。~Speeeで事業を創りつづけるセールス出身メンバーの意思決定とは~

セールスの成果は事業の核となり、事業の売上創出をけん引します。自分が出した結果が事業を伸ばしているという自負があるセールスパーソンは多いはずです。 そんな誇りを持つのと同時に、自身の得意分野と事業や経営との繋がりを見いだせないこともあるでし…

事業開発を成功させる企業体質 ~事業開発の壁を破壊する4つの創造~

わたしたちSpeeeは事業領域の異なる10の事業を開発しています。 一般的な事業開発の成功率は10%未満と言われていますが、Speeeの成功率は50%です。本記事では、新規事業の成功を、「Speeeの企業体質」という観点で紐解いていきたいと思います。

デフリンピックにて3つのメダルを獲得!Speeeアスリート社員、簑原由加利選手に迫る

今回は、Speeeのアスリート社員の簑原 由加利さんの紹介です。 簔原さんは、2017年デフリンピックロード競技で銅メダルを獲得された注目選手で、2018年にSpeeeに入社されました。2022年の夏季デフリンピックでもメダルを期待され、ロード競技にて3つの銅メダ…

Speeeの人事職のやりがいとは?ー新卒採用人事、3名の想い

今回は、新卒採用人事として従事している3名に、人事という職種の面白さやSpeeeの新卒採用の面白さ、キャリアの魅力について伺ってみました。 人事部の西原、山本、増田の対談形式でお届けします。

「天才は、要らない。」は天才や革命家に依存しない我々の覚悟だ~Speeeの事業開発と創業事業でシェアNo.1を獲得した裏側~

「天才は、要らない。」というキーワードとともに、弊社代表の大塚がSpeeeを立ち上げるまで、そして祖業ビジネスの成功を解き尽くしていきたいと思います。

Speeeの発信する「天才は、要らない。」とは?

「天才は、要らない。」 Speeeらしさを込めたこの一言とともに、今後BizDev記事ではSpeeeについて紐解いていきます。本記事では前段となるSpeeeの事業とコンセプトの説明をしていきたいと思います。

ただ漠然と実力をつけ市場価値を上げたいと思っていた、業界未経験者の私が経たキャリア

漠然とした不安を抱えながらの、転職。Speeeに参画時の想いとは 一時期研究者を目指して大学院に行っていたこともあり、社会人デビューは少し遅めの27歳の頃でした

顧客のマーケティングプロジェクトを牽引する、Webアナリティクス事業について(後編/キャリア編)

今回SpeeZでは、Speeeの祖業事業であるWebアナリティクス事業部を牽引するお二人に、どんな事業・サービスをやっていて、どのようなキャリアを歩めるのかを聞いてみました。

顧客のマーケティングプロジェクトを牽引する、Webアナリティクス事業について(前編/事業編)

今回SpeeZでは、Speeeの祖業事業であるWebアナリティクス事業部を牽引するお二人に、どんな事業・サービスをやっていて、どのようなキャリアを歩めるのかを聞いてみました。

「環境に頼らずに結果を出すビジネスパーソンになりたい」ー事業開発と戦略コンサルタントを兼務することで切り開けるキャリアとは

個力を伸ばすことに注力したキャリア 学生時代は自分の個力をつけるなら無形商材がいいだろうと思い、ファーストキャリアに広告業界を選びました。そこでは、常に10~20のプロジェクトを担当し、セールスからプロデュースまで行っていました。その広告代理店…

「仕事とは、自分を高めてくれるもの」ーベンチャーに新卒で入社し、ママになった今だからこそわかること

反対を押し切って入社したからには、自分の意思決定を正解にしたいと思っていた1年目 高校1年のとき、アメリカに1ヵ月交換留学に行ったのが大きな経験となり、東大へ。大学入学後は、学生団体に所属していました。イベントに参加いただいていた卒業生の中で…

「泥臭く向き合い続け、信頼関係を築く」—―UZOUのSupplyシニアコンサルタントとして目指す未来

大手印刷会社で5年―もっと踏み込んで事業に携わりたい、力をつけたいと考えSpeeeへ 学生時代からお客様の課題解決に携わる仕事がしたいと思っていて、さまざまな商材をマルチに扱うことができると感じた、大手印刷会社に就職しました。目の前の仕事をこなす…

「新しい視点の発見を楽しみ続けたい」――決して守りに入らない仕事の流儀とは

経営企画本部 戦略推進室 宇津木 孝志 駒場東邦中学校・高等学校、東京大学経済学部卒業。2016年、新卒でSpeee入社。現Webアナリティクス事業部において、アナリスト職に配属。入社間もなくして難度の高い案件に複数アサインされ実績を残し、全社表彰式にお…

課題解決の先頭に立つために――"どうしても自信がなかった"新規営業職から広がるキャリア

マーケティングインテリジェンス事業本部 PAAM事業部 石田 洸暉 九州大学工学部電気電子情報工学科卒業。2017年、新卒でSpeee入社。現マーケティングインテリジェンス事業本部の新規営業チームに配属、新規顧客開拓に従事。その後、PAAM事業部の立ち上げメン…

僕がSpeeeにもたらしたもの、Speeeが僕にもたらしたもの

松山 高和 京都大学卒。2007年にアクセンチュア株式会社に入社し、官公庁・通信系企業・医療機関などの戦略・ITコンサルティング業に従事。2010年、現Speee代表取締役である大塚とともに株式会社RiTAKEを設立し、取締役就任。転職・求人系Webサービスを複数…

未来を引きよせる"事業開発集団" Speeeの遺伝子

Speeeは、Visionの一つとして「事業を開発する、という事業。」を掲げていますが、創業期より強い意思をもって、事業をつくるための仕組みや仕掛けを会社の経営の中枢に組み込んできました。

「自らは経営リソースである」―――自分の存在価値を再定義し続けた"BizDev先駆者"が今、引きよせたい未来とは

物売りではなく課題解決をーーーSpeee参画時の想い 前職の通信営業時代、穿っていて売れない時期もありました。しかし、人の意見を真摯に聞く、見て真似る、ちゃんとフィードバックをもらい、改善する…ということを改めて徹底して取り組んだところ、成績は伸…

NTTデータからSpeee経営企画へ。「想いを形にできる企業参謀」を目指す道とは

世界数万人のNTTデータで3年。目指す姿とのギャップとは 父がIT系の会社を営んでおり、その影響で幼い頃から企業経営に興味がありました。会社がうまく行かないと、そこで働く社員やその家族にも影響があることを、原体験として経験していました。そのため起…

ウェルネス領域について

ケアスル 介護とは 人々にとって最後の住まいとなる「介護施設」においてもご支援すべく立ち上げたのが「ケアスル 介護」のサービスです。1年半前に立ち上がり、現在は8000軒もの施設に掲載いただけるまでに成長してきました。

リアル産業のバリューチェーンを変革する。Speeeが挑戦するDXとは

取締役の田口からみる、Speeeとは 自身のキャリアを振り返ると、会社や業界を変えつつもモバイルインターネットの社会実装というテーマに長年取り組んできました。コンテンツやWebサービスなど、主にサイバースペースを舞台としたビジネスを通じて、インター…

デジタルマーケティングの戦略設計、運用まで行うトレーディングデスク事業とは?

2013年に誕生したトレーディングデスク事業は、一般的な事業領域でいうところのデジタル広告の代理店です。「伝える技術の追求で、人は前へすすむ」というミッションを掲げ、クライアント企業が売上やコンバージョンの最大化・効率化だけでなく、ユーザー理…

顧客に向き合い、サービスの形を進化させる。Speee DX事業の展望

好奇心を原動力に。事業責任者として課題と向き合う 約3年前から、DX事業本部で事業責任者を拝命しています。先日のインタビュー記事で田口も話していましたが(参照:リアル産業のバリューチェーンを変革する。Speeeが挑戦するDXとは)、Speeeは複数の事業を…

ヌリカエ事業(リフォームテック、リフォームDX)について

ヌリカエとは ヌリカエは、「住むをもっと快適に、自分らしく」というミッションを掲げ、リフォーム業界の中でも特に市場規模・課題の大きい塗装領域や水回り、解体工事などにおいて、ユーザーとリフォーム会社をつなぐマッチングサービスを提供しています。

「産業レベルでの課題解決」という大きなテーマ。20代事業責任者の貪欲な挑戦

20代を走り抜ける。再現性のある事業創造力を身につける 小さい頃からものづくりが好きで、リアルに触れられるものに魅力を感じる性格だったので、大学でも資源・環境・土木・都市計画を学びました。大学院進学か就職かで悩んでいた頃、Speeeのインターンに…

UZOU事業について

UZOUとは マーケティングDX事業の1つの事業であるUZOUは、メディアと広告とユーザーの繋がりをより身近なものにするネイティブアド配信プラットフォームです。コンテンツやユーザーを分析した上で、メディアに最適な広告や記事を出してユーザーに届けること…

PAAM事業について

Speeeで、2019年に新規事業として誕生したのがPAAM事業部です。PAAMはマーケティングDXやセールスDXの領域において、データ活用の戦略設計から実行まで一気通貫でコンサルティングを行っています。

国内有数のトップマーケターと並走する「Speee流マーケティングコンサルタント」の醍醐味

いい意味で「内定者」として扱われなかった入社前アルバイト時代 大学時代の塾でのアルバイト経験から、言われたことをやるだけではなく、自ら責任領域を広げていくことの面白さを感じ、「裁量を大きく持つことができ、インパクトの大きい仕事ができる会社」…

「30歳までに事業創造ができる人材になりたい」。営業マネージャーが次のキャリアに挑むわけ

新卒で大手メーカーに入社後、待ち受けていた違和感。圧倒的成果を残しながらも、「会社の経営を自分ごと化できる環境」にチャレンジ もともと「30歳までに事業の立ち上げができる人材になる」という目標をもっていて、その力を身に付けられる環境を求めてい…

リアル産業DX領域における、不動産DXの事業(不動産テック領域)について

デジタルトランスフォーメーション(DX)事業本部は、デジタルシフトが進んでいない不動産やリフォーム、介護など様々な業界において、データの力でリアル産業の進化に取り組んでいます。

入社2年目の僕がSpeeeで育休を取得してみてどうだったか

Speeeには男女問わず育児に積極的に取り組む社員が多く、積極的に推奨する文化もあります。男性向け福利厚生としてもパパ立ち会い休暇などもあり、育児休暇を取得しているメンバーも多くいます。 今回は、人事部の増田が、新卒2年目で1カ月間の育休を取った…

東大卒なのに「将来やりたいことがなかった私」が、Webアナリスト→事業企画というキャリアを掴めたわけ

クライアントからの辛辣なフィードバックで目が覚めた、新卒時代 思い返すと、学生時代の私は受動的で、成長意欲も低い方だったなと思います。しかし、学部のコースを思い切って変更したり、サークルを今までの志向と異なる方に選択したり、「ちょっと自分の…

Webコンサル集団、Webアナリティクス事業部って?

本記事では、創業事業であるWebアナリティクス事業部の具体的な組織体制、業務についてご紹介します。